2006年12月29日

TrayMeter

タスクトレイにインターネットの速度を表示する高機能ネットワークモニター

タスクトレイ内にグラフなどを表示するネットワークモニターです。
ネットワークの速度が気になる方はぜひ一度お試しください。

●タスクトレイに完全に収まるので作業の邪魔になりません。
●必要に応じてメーターやグラフなどの表示方法が選択可能です。
●帯域幅を指定できるのでアナログモデムからブロードバンドまで対応。
●ステータスウインドウで平均速度など詳細な情報も表示できます。
●ダイアルアップ接続、ADSL、Ethernetなどを自動的判別可能。
●表示の更新間隔を好みに合わせて選択出来ます。
●Windows2000/XPにも対応しています。


ダウンロード

Devas

複数ファイルからテキストを検索、一括置換(正規表現対応)

Devas(ディーヴァス)は、テキスト検索、置換ソフトです。特長は、

・フォルダ内のファイルを一括して検索、置換できます。
・発見したテキストの前後を一覧表示し、必要なものだけ置換できます。
・発見位置をエディタで表示して確認できます。
・ワード検索が可能です。
・検索、置換で正規表現が使えます(Perl互換を含む多くの正規表現に対応)。
・各種文字コード(Shift-JIS、Unicode、EUC_JP、JIS、UTF-8)を自動判別。
・置換前に自動でバックアップします。

HTMLの書式の一括変更、ソースコード中のシンボル名の置換などにどうぞ。


ダウンロード

TextSS

複数のHTML&テキストファイル内を一括置換 フルセット版

複数のHTMLやテキストファイルの中を一括置換するフリーソフトです。特徴としては、EUCやJISの日本語コードに対応、改行コードのみを置換する機能の搭載、バイナリレベルでの置換処理機能、検索文字列はもちろん置換後文字列にもワイルドカードを指定できる機能、正規表現機を搭載していることです。このソフトを使えばファイルを1つ開いて置換して閉じるという面倒な置換作業をあっという間に行うことができます。置換するファイルの選択も階層フォルダ検索に対応しているのでフォルダの中にフォルダがあってもすべてのファイルを置換対象にでき、ワイルドカードの指定(*.htmやyama*.txt等)もできます。ファイル一覧では1つ1つのファイルを置換するかどうかを設定でき、関連アプリケーション(ブラウザやメモ帳)で開いて確認することもできます。改行を含む置換が行えるので単なる文字列だけではなく文章ひとかたまりで置換が行えます。検索文字列内でワイルドカードを使用することができるので「今日は*です。」という指定で、「今日は」で始まり「です。」で終わる文字列を置換するあいまい置換にも対応し、さらに置換後文字列にもワイルドカードを指定できる優れものです。置換を開始すると、置換候補を本当に置換していいのか確認画面が表示されるので、どんな文字列が置換対象になっているのか簡単に確認できてワイルドカードを使用した置換も安全に行えます。
バックアップ機能を搭載しているので置換操作を間違っても元に戻すこともできます。初心者の方でもすぐに使い方が分かるようにステップガイドを搭載し、上級者でも満足できる高度な機能を搭載してます。また、拡張子 .bak でバックアップファイルの作成する機能や指定フォルダの .bak ファイルをすべて削除する機能などの補助機能も充実しています。ホームページのあちこちに書いたメールアドレスを一発置換したり、ヘッダ情報を一括置換したい人はぜひ使ってみてください。

なお、ライト版はフルセット版のバージョンアップ用ですので、ご利用になるにはTextSS のフルセット版、またはVB6(SP5)ランタイム と 漢字変換モジュールNKF32.DLL と 正規表現モジュール BREGEXP.DLL が必要になります(説明書内に必要なファイルや入手先を記載してあります)。


ダウンロード

格納一発

データ保存のためメディアに収めるファイル数を容量に合わせて計算しフォルダ別に分配(圧縮、分割なし)

DVD-Rにデータ保存する場合に容量オバーエラーになったり、空き容量がたくさん残ったまま書き込みを終わる場合 ファイルサイズを計算して分配するにも手作業ではたいへん時間と労力を使ってしまいますその作業を自動にできるようにしたのがこのプログラムです。
サイズは上限と下限があり上限と下限の間にある場合のみ確定条件(全移動もあり)
としています。サイズは自由に設定でき FDドライブから大容量メディア媒体まで設定できます。


ダウンロード

ページスカウター

Excel・Wordファイルの実際の印刷ページ数をまとめて計測

『ページスカウター』は、Excelマクロを利用した、Excel・Wordファイルの実印刷枚数カウントツールです。
ファイルを開いて毎回印刷プレビューで確認しないと分からない実印刷枚数をフォルダを指定するだけで一気に調べることができます。


ダウンロード

ステルスランチャーII

全ての操作を高速化するために作った、総合ランチャーです。
ボタン一つで最前面にランチャーが現れて、起動後に自動で非表示になります。
また、キーボードにアプリケーションを割り振れるので、一度設定すればマウスを使わなくても使用できます。

初めは「Ctrl+Alt」キーを押すと、ランチャー画面が現れます。
割り振ったキーを押す、またはボタンをクリックすれば登録されているアプリケーションが起動します。
もちろんマウスだけでの操作も行うことができます。
くるくるマウスも使えます。

■機能の一部です■
普段は非表示キーボードorマウスだけで操作できる。
一つのボタンに2つの機能を割り振れる。
補完付きコマンドラインが使用可能。
マウスジェスチャーによる全てのウィンドウ操作を実現。
マウスやキーボードのバッチスクリプトをサポート。


ダウンロード

Orchis

【Orchisとは・・・】
階層型ポップアップメニュー形式のプログラムランチャに、ファイラ機能を盛り込んだ、とっても便利なツールです。
Windows95以降のすべてのWindows上で動作し、XPで導入された新しい外観にも対応しています。

【特徴は?】
Orchisは、こんな嬉しさが満載です。
・必要な時にだけ出現し、デスクトップのジャマになりません
・とは言え、表示しっぱなしにすることもできます
・ランチャやファイラの表示方法が、あきれるほど多彩!!
・ランチャへの登録は、エクスプローラあたりからドラッグ&ドロップ!!
・ファイルの検索や、Windowsのシャットダウンも登録できる
・さらに、Orchis独自の機能として、新しいメールの作成なども登録できる
・マルチランチャ機能で、いくつものランチャやファイラを使い分け
・ファイラ機能は、ドラッグ&ドロップに完全対応!!
・コンテキストメニューからOrchisのファイラでブラウズする機能も

【そんなわけで・・・】
普通のプログラムランチャとして使えるだけでなく、これさえあればエクスプローラも不要かもまぁ、一度使ってみてくださいな。


ダウンロード

2006年10月27日

ClashLock

このソフトはファイルを一時的に破壊し、開かなくします。

通常の暗号化ソフトとは違い、暗号化強度より スピードに重点を置いて作られています。

ファイルサイズの大きな動画などの暗号化・使用頻度の高いファイルの暗号化などの他、通常の暗号化ソフトでは 処理しきれないほどの数の機密ファイルをまとめて暗号化したり、暗号化する時間が無いときの一時しのぎとして便利です。

完全に暗号化するわけではないので、長文のテキストファイルには不向きですが、サイズの大きな バイナリファイル (動画・画像)の暗号化に適しています。

ClashViewにていて

ClashLockには専用ビューワのClashView(フリーウエア)があります。
これは、ClashLockによりロックされたファイルをアイコン上にドラックすることで暗号化を解除し、関連付けられたアプリケーションで開いてくれます。
ファイルを閉じると、それを検知して勝手に再暗号化してくれるものです。


ダウンロード